ボクシング

【経験者が語る】ボクシングに向いてる性格と体型を解説するよ!

細マッチョの画像

ボクシングに向いてる性格や体型ってありますか?これからボクシングを始めるにあたり参考にしたいです

こんな人に向けて「ボクシングに向いてる性格と体型」について解説していくよ!

先に僕のボクシング歴を説明すると、

  • 週5のジムワークを2年継続
  • 対外試合に出場した経験あり
  • お世話になったジムは計4か所

こんなかんじ!

ある程度の人数と一緒に練習を経験してきた実績はあるわけだし、それなりに参考になる記事なんじゃないかな!

それともう一つ!

この記事を読むあなたは恐らく、

  • 大学生
  • 高校生
  • 若手の社会人

このあたりのいずれかだと思う。

この記事の最後では、そんな人に絶対に価値のある情報も伝えてるので、ぜひそっちも読んでみてね!

ソウ

知らないと、数年後にはかなり致命的な差がつくよ!

ボクシングに向いてる性格・性質

バンテージを巻くボクサーの画像

「自分がボクシングに向いてるか」を知るには、「体型」と同じくらい、その人の「性格・性質」も重要になってくる。

なので、まずは「ボクシングに向いてる性格・性質」を解説するよ!

ボクシングに向いてる人の性格・性質は全部で4つ!

具体的には、

  • 真面目でコツコツ努力が出来る人
  • 簡単に折れないメンタルを持つ人
  • 自信がある人
  • 闘争心のある人

こんなかんじ!

それぞれ解説していくよ!

性格①:真面目でコツコツ努力が出来る人

真面目でコツコツ努力が出来る人は間違いなくボクシングに向いてるよ!

というのも、ボクシングの練習って本当に地味なんだよね。

最初は新しいメニューばかりで楽しくて仕方ないんだけど、1ヶ月も経つと新鮮味が薄れて、飽きを感じてくる。

そんな中、ボクシングで強くなるためには、それらを黙々と継続する必要があるんだ。

そんなときに、真面目にコツコツと努力できる性格の人は本当に強い!

ソウ

いい意味で思考停止で努力できるので、間違いなくボクシング向きだよ

「はじめの一歩」で鴨川会長が、世界タイトルマッチに挑む鷹村さんに言った、

「努力した者が全て報われるとは限らん しかし! 成功した者は皆 すべからく努力しておる!!」

この発言は本当にそのとおりだなって思う。

鴨川会長の名言シーン

性格②:簡単に折れないメンタルを持つ人

ボクシングを本気でやっていたら、必ずどこかで心がへし折られる瞬間があるんだ。

  • ボクシングを始めて数ヶ月経つのに上達が実感できない
  • 自分より後に入ってきたヤツの方が明らかに上手い
  • 必死で練習したにも関わらず試合で負けた

こういった状況でも心を持ち直して、自分のペースで練習を継続できる人はボクシングに向いた性格の持ち主だと言えるよ!

ちなみに、伝説のボクサー「マイク・タイソン」のトレーナーはタイソンの強さを聞かれた際、

「タイソンは強い身体を持っていたのではなく、強くなる為の毎日の練習にも耐えることが出来るハートを持ってたから強いのだ 」

と回答してるよ!

ソウ

こういうコメントを聞くと、ボクシングは本当にメンタルのスポーツなんだなって思う

性格③:自信がある人

ボクシングに限らずスポーツ全般に言えることかもしれないけど、

自信のある人はボクシングに向いた性格と言えるよ!

というのも、ボクシングって結構、相手と対面した瞬間に勝ち負けにイメージが湧くんだよね。

そんな中で自信があるっていうのは、大きなアドバンテージになるよ!

自分のペースで試合展開を運ぶことができるし、相手に対して自分を大きく見せる効果が期待できるんだ。

闘争心のある人

当然だけど、ボクシングって相手を殴るスポーツじゃん?

闘争心のある人の方が間違いなく強くなれるよ!

別に普段からオラついている必要は全くないと思う。

でも、いざリング上でも闘争心の低い選手は試合で勝つのは難しいんじゃないかな。

「絶対に誰よりも強い選手でありたい!」

こういった闘争心を持った人はボクシングに向いてる性格と言えるよ!

ボクシングに向いてる体型

ファイテイングポーズをとるボクサーの画像

続いて、ボクシングに向いてる体型について紹介するよ!

具体的には、

  • 腕が長い
  • 細身
  • 筋肉量に対してパワーが大きい
  • スタミナがある

こういう体型の人がボクシングに向いてると思うよ!

それぞれ解説していくね!

体型①:腕が長い

特に初心者の頃にスパーリングをやると実感するんだけ、腕が長い人は本当に有利だなって感じるよ!

腕が長い人リーチが長い人)の何が有利かって、「相手のパンチが当たらないこと」ね。

腕の短い選手からすると、リーチの長い相手は本当に厄介!

…試合が始まって最初に、普通の選手との間合いに立つよね?

そうすると、その間合いって腕の長い選手にとって絶好の距離だから、すぐにパンチが飛んでくるんだ!

じゃあ、パンチを打たれないように、今度は一歩引いた距離に立つよね?

そうすると確かにパンチは打たれないけど、こっちのパンチは全く届かない!

「それならば!」というかんじで、今度は、相手に身体を密着させようとするよね?

でもね。リーチの長い相手は自分の腕を突っ張り棒のようにして、近づかせてくれないんだ!

…結局、そういうリーチの長い選手と戦う際って、

カウンターのタイミングで踏み込んで、そのまま身体を密着し続けたインファイトで戦う

この戦略しかできないんだ!

これって、リーチの長い選手からしたら、相手の戦略は限定されるわけだし、ボクシングに向いた体型だって言えるよね。

体型②:細身

身体が細身の人もボクシングに向いてると言えるよ!

というのも、ボクシングって体重を揃えて戦うわけじゃん?

そんな中、細見であること、つまり身長に対する体重が低い人は必然的に自分よりも身長の低い選手と戦う機会が増えるわけよ。

身長の差って基本的にはそのままリーチの差に直結するのは説明するまでもないよね。

そしてリーチの長い選手がボクシングにおいて有利なのは今説明したとおり!

だから、細身の人はボクシングに向いた体型と言えるよ!

体型③:筋肉量に対してパワーが大きい

外見上は筋肉質な体型じゃないのに、異様に力の強い人っていない?

「筋肉量に対してパワーが大きい人」は間違いなくボクシングに向いた体型だと言えるよ!

ご存じのとおり、ボクシングでは体重が同じ選手同士で戦うというルールがあるよね?

そんな中、体重に対してパワーの強い人は対戦する相手よりも強いパンチを打てる素養があるってことだからね。

間違いなく有利と言えるよ!

体型④:スタミナがある

体型とは少しズレるけど、スタミナがある人はボクシングに向いてるよ!

スパーリングを実際に一度やれば分かるんだけど、

特に初心者のうちはスタミナの量で勝ち負けが決まるって言っても過言じゃない!

相手よりも多くのパンチを打てれば、その分だけ相手を押し込めるわけだからね。まぁ強いよ。

逆にあまりにもスタミナが無いと、試合中にへばってパンチが全然打てなくなるんだ。

ソウ

スタミナが切れると、試合終了までが本当に長く感じる…

だから自分のスタミナに自信がある人はぜひボクシングに挑戦してみてほしいな!

ボクシングに向いてる性格と体型を紹介したよ!

「まとめ」と書かれた画像

今回は「ボクシングに向いてる性格と体型」について解説したよ!

ボクシングに向いてる性格・体型
  • 真面目でコツコツ努力が出来る人
  • 簡単に折れないメンタルを持つ人
  • 自信がある人
  • 闘争心のある人
  • 腕が長い
  • 細身
  • 筋肉量に対してパワーが大きい
  • スタミナがある

こんなかんじ!

ただ、1点だけ補足をすると、ボクシングに向いてる性格や体型がなければ強くなれないってわけじゃないからね!

ソウ

伝説のボクサー「マイク・タイソン」は腕が短かったけど、世界チャンピオンになったしね

まぁ、性格や体型はあまり気にせずにボクシングに挑戦してみて欲しいな!

…さて冒頭に説明したとおり、最後に少しだけ話が変わるよ。

この記事を読んでいるあなたは恐らく、

  • 大学生
  • 高校生
  • 若手の社会人

このあたりのいずれかだと思う。

そんなあなたに、最後に一つだけ伝えたいことがあるんだ!

僕には、学生時代に死ぬほど後悔してる経験がある。

具体的には、それをしなかっただけで、

  1. 友人との間に、年収に数百万円の差が生まれた
  2. 本気で「これに命を懸けたい!」と思った仕事に就けなかった

こんなふうになってしまったんだ。

「僕と同じ後悔をする人を、一人でも減らしたい!」

そんな思いで書いたので、よかったら次の記事もぜひ読んでね!

ソウ

これを知らないと、マジで数年後には決定的な差がついてるよ…

それともう一つ!

僕のブログでは、

  • ボクシングをやったらモテるって本当?
  • ボクシング選手ってパンチを受けても痛くないの?
  • ボクシングって独学でも学べるの?

こういった「ボクシングに関する様々な情報」を発信してるから、ぜひ他の記事も読んでいってね!

それでは!