ボクシング

【ボクシング】元ボクサーが、パンチの避け方と練習方法を解説するよ!【ガードの技術】

初心者ボクサー
初心者ボクサー
どうしてボクサーはパンチが避けられるんだろう…

こんな疑問を持つ初心者ボクサーに向けて、今回は「パンチの避け方・練習方法」について解説していくよ!

解説の前に僕のボクシング歴を説明すると、

  • 週5のジムワークを2年継続
  • 対外試合に出場した経験あり
  • お世話になったジムは計4か所

こんなかんじ!

それなりに、ボクシングの練習は重ねてるので、きっと初心者ボクサーには参考になる情報のはず!

パンチの避け方のコツは「緊張しないこと」

「ポイント」と書かれた画像

まず、ボクシングにおいてどうやってパンチを避けてるかって話について。

まず理解しておいて欲しいのが、

パンチを眼で追って反応することは不可能!

ってことね。

パンチを眼で追ってディフェンスするのは不可能な理由

まず、「人が何かを見てから実際に動き出すまでの時間(反射神経)」はどれだけ鍛えても0.2秒が限界らしい。

次に、相手がパンチを打ってきた場合(例えばボディブロー)のディフェンスって、

  1. 相手がボディブローを打ってきたと察知する
  2. 上体を傾けてディフェンス行動に移る
  3. 肘が下がり切ってガードの姿勢が出来上がる

この3段階を経る必要があるよね。

でも、ボクサーのパンチはトップクラスになれば到達までは0.2秒よりも短い時間で目標に到達する。

つまり、眼で見てから反応した場合、

  1. 相手がボディブローを打ってきたと察知する
  2. 上体を傾けてディフェンス行動に移る
  3. 肘が下がり切らず、ボディブローが脇腹に突き刺さる

こうなる。

ソウ

つまり、人間の身体の構造的に、パンチが飛んできたのを見てから避けるのは不可能なんだ!

ボクサーは雰囲気を察してパンチをガードする

初心者ボクサー
初心者ボクサー
じゃあ、ボクサーはどうやってパンチを避けてるの?

これは語弊を恐れずに言うと、「相手の雰囲気を察して避けてる」。

というのも、人がパンチを打つ前って、

  • 眼に殺気がこもる
  • 身体全体が少し力む
  • 打つ側の手に力が入る
  • 踏み込みが強くなる
  • 呼吸のリズムが変わる

こんなかんじの予備動作があるんだよね。

ボクサーは、こういった予備動作に反応してパンチを避けてるんだ!

ソウ

日常の分かりやすい例で言うと、「会話が途切れたときに、相手が話を切り出そうとしているのを察する」ってのが近いかな

パンチの避け方・ディフェンスのコツ

パンチの避け方やコツは色々あるけど、まず初心者ボクサーが実践して欲しいのは、

  • 相手の眼を見る
  • 緊張しない
  • パターン化する

こんなかんじかな!

それこそ初心者レベルであれば、リラックスして相手の眼を見れば、大体どのタイミングでパンチが飛んでくるかは分かるよ。

リラックスしてると、相手の眼を見てても自然と相手の全体の様子が視野に入ってくるよ。

ここで、緊張してしまうと、視野には本当に「相手の眼」しか入らなくなるので注意。

ソウ

いわゆる「相手にのまれた」って状態だね

また、ある程度余裕が出てきたら、パンチのパターン化も有効だよ!

特にレベルが低いうちはパンチの組み合わせって決まってるから、大体どんなパンチが飛んでくるか予測できるかと思う。

そのパンチを想定しながらディフェンスをしておくと、反応がしやすくなるよ!

パンチを避けるための練習方法

練習をするボクサー

次にパンチを避けるための練習方法についてだけど、

  1. とにかく実践をこなす
  2. パンチのパターンを研究する

基本的には、この2つしか存在しない!

「②パンチのパターンを研究する」は「ディフェンスを極める考え方」って記事で紹介してるから参考にしてね!

パンチを避ける練習は実践が一番効果的な理由

さっきも言ったとおり、ボクシングに限らず、人間はパンチを打つ際に大なり小なり予備動作が発生する。

だから、パンチの予備動作を感知する能力を磨くのが、ディフェンス力を向上させるには一番効率がいい。

ただ、予備動作を察知する力っていうのは、

  • ミット打ち
  • マスボクシング
  • パンチングボール
  • 座学

こういった練習では絶対に身につかない。

さらにいうと、予備動作を察する力は正直、「感覚」による部分も大きいんだ!

だから、何よりも実践を積むことが一番の練習法になるよ!

初心者ボクサー
初心者ボクサー
じゃあ対人練習以外ではパンチを避ける技術は身につかないの?

確かにパンチを避けるスキルを身に着けるには、スパーリングなどの実践を積む以外の方法はない。

でも、実戦練習の効率を上げるために、

  • パンチのパターンを覚える
  • ディフェンス中心のシャドーボクシングをする

こういったことはできるよ!

ソウ

実戦練習は長い時間できないかと思う。短い時間でも効率的に成長できるように、普段から事前の準備をしっかりしておこう!

パンチの避け方と練習方法を解説したよ

「まとめ」と書かれた画像

今回の内容をまとめると、

Point
  • パンチを眼で追って避けるのは不可能
  • ボクサーは相手の予備動作を察知してパンチを避ける
  • パンチを避けるには実戦練習あるのみ
  • とはいえ、実戦練習の効率を上げる方法もある

ザっとこんなかんじ!

この記事が参考になったのなら嬉しいな!

さて、今回は「パンチの避け方・練習方法」について解説したけど、僕のブログでは他にも、

  • ボクシングをやったらモテるって本当?
  • ボクシング選手ってパンチを受けても痛くないの?
  • ボクシングって独学でも学べるの?

こういった「ボクシングに関する様々な情報」を発信してるから、ぜひ他の記事も読んでいってね!

それでは!