ボクシング

【実体験&出典あり】「コンタクトでもボクシングはできるの?」って疑問に解答するよ【アマとプロで違う】

初心者ボクサー
初心者ボクサー
僕は視力が0.1しかありません。ボクシングってコンタクトを付けたままでも出来ますか?

今回は、こんな悩みを持つあなたに向けて、

  1. コンタクトを装着してボクシングは可能か
  2. 視力が悪いプロボクサーはどう対策してるのか

これらについて、ボクシング団体の考え方や僕自身の経験談を踏まえつつ、説明するよ。

また、記事に入る前に、僕のボクシング歴を簡単に紹介すると、

  • 週5のジムワークを2年継続
  • お世話になったジムは計4か所
  • 元は裸眼の視力が0.1程度
  • ボクサーの期間中にレーシック手術を経験済み

こんなかんじ。

  • 裸眼
  • コンタクト装着
  • レーシック手術

これらを体験して、なおかつ多くのジムに通った経験もあるから、それなりに参考になるかと。

ボクシングならソフトレンズのコンタクト一択

眼の画像

先にこの記事の結論を伝えと、次のとおり。

  • ジムにもよるけど、基本的にコンタクトはOK
  • オススメはコンタクト(ソフトレンズ)
  • プロボクサーは視力が悪くても裸眼

こんなかんじ。

ソウ

それぞれ詳しく解説していくよ

ボクシング団体の考え方について

個別のジムの事情を語る前に、そもそもボクシング界としてルールを何か定めてないかを確認してきたよ。

まず、全てのジムが加入するであろうJBC(日本ボクシングコミッション)のルールを確認してみた。

ソウ

ジム側としても、所属団体の考えに従う可能性が高いからね

ただ残念ながら、実際のルールはルールブックを購入しない限り確認できないようなので、分からずじまい。

ということで、そもそものルール自体は確認することができなかった。

次に、他に参考になる団体はないかと、アマチュア界のトップである「日本ボクシング連盟」の規則を確認してみた。

日本ボクシング連盟が公開してる競技規則を見ると、次のような記載があった。

5 コンタクトレンズ

 競技者はソフトコンタクトレンズを装着して競技を行うことができるが、その他のコンタクトレンズは使用することができない

「日本ボクシング連盟 競技規則」より引用

こんなかんじで、日本ボクシング連盟はコンタクト(ソフトレンズ)を使って試合に出場することを認めてる。

恐らく、大半のジムはJBCのルールに基づく対応をするので、実際のところはジムによるとしか言えそうにない。

とはいえ、日本ボクシング連盟というアマチュア界のトップがコンタクト(ソフトレンズ)を認めてるという事実を踏まえると、

アマチュアボクサーならコンタクト(ソフトレンズ)を使って練習や試合をしてもOK

こんなふうに大半のジムが考えていると推測できるかと思う。

コンタクトでボクシングを行うことについて

コンタクトレンズを装着した眼の画像

次に、実際に現場のボクシングジムではどんな考え方がされているかを解説するよ。

これは使ってるコンタクトが、

  • ハードレンズ
  • ソフトレンズ

どちらのタイプなのかで答えが変わった。

ハードレンズのコンタクトの場合

僕が入会した全てのボクシングジムでは、

「コンタクトはソフトレンズに限る」

という一文があったと記憶している。

記憶の範囲なので確実ではないけど、ハードレンズの場合、ほぼ確実に対人練習は出来ないと考えた方がいい。

対人練習っていうのは、言葉のとおり、

  • スパーリング
  • マスボクシング

こういった人と面して行う練習のこと。

理由はすごくシンプルに、パンチを受けた衝撃で、目の中でコンタクトが割れる可能性があるから。

ソウ

残念だけど、安全第一で考えるジム側としては当然の判断かと思う



ソフトレンズのコンタクトの場合

一方、ソフトレンズのコンタクトの場合、ハードレンズと違って対人練習も含めて全ての練習に問題なく参加できた。

ソウ

僕以外にも多くの練習生がコンタクトで練習してたみたい

とは言っても、方針はジムによって異なるし、眼の状況は個人によると思うので、

  • ジムのトレーナー
  • 眼科医

入会前に、これらの人に相談するのを忘れずに。

それともう一つ、コンタクトでボクシングをする際に注意したいのが、

必ずワンデイタイプのコンタクトを使用する

ということ。

というのも、スパーリングで相手に殴られた際にコンタクトが吹っ飛ぶような事故って実は多いんだ。

そんなときに、2ウィークタイプのコンタクトだと慌てることになる。

ソウ

なので、コンタクトはワンデイタイプがオススメ

プロボクサーのコンタクト事情

リング上で戦う選手の画像

初心者ボクサー
初心者ボクサー
ちなみにプロボクサーはコンタクトを使用してるんですか?

プロボクサーがコンタクトを装着して試合に出場するのはまずあり得ない。

これは以前、同じジムに所属するプロボクサーに聞いた話なんだけど、

「コンタクトを付けて試合に出ると罰則があるからプロはみんな裸眼」

なんだってさ。

ソウ

凶器扱いされるパンチが飛び交う中で、目に入れ物なんて危険だからね

また、ボクシングではないけど、格闘家の青木信也さんは、視力は0.1だけど裸眼で試合に出場してると公言してる。

そんな青木さんはインタビューの中で次のように発言してる。

五感ってよく言われますよね。五感なんです。目だけで見るわけじゃなくて、感覚の問題だから。だから僕はそんなに(視力の)質は関係ないんじゃないかと思います

「SPREAD」の記事より引用

ソウ

プロの格闘家って凄いんだなって改めて思う

ボクサーはソフトレンズのコンタクト一択

「まとめ」と書かれた画像

今回は「コンタクトでボクシングが出来るか」について解説したよ。

まとめると、

  • コンタクト(ソフトレンズ)ならスパーリングも可能
  • とはいえ、入会前にジムや医師に相談を忘れずに
  • オススメのコンタクトはワンディタイプ
  • プロボクサーはみんな裸眼

こんなかんじ。

ということで、視力の悪い人がこれからボクシングを始めるのあれば、

ソフトレンズのコンタクト一択!

って言えそうだね。



こんなかんじで僕のブログでは、

  • ボクシングをやったらモテるって本当?
  • ボクシング選手ってパンチを受けても痛くないの?
  • ボクシングって独学でも学べるの?

こういった「ボクシングに関する様々な情報」を発信してるから、ぜひ他の記事も読んでいってね!

それでは!