ボクシング

【知らないと勿体ない】ボクシングを趣味にしたい人が知りたい情報をまとめたよ!

サンドバック打ちをする女性の画像

ボクシングを趣味にしてみたいと思ってるんですが、どんなことに気を付けたらいいんだろう…?

今回はこんな「ボクシングを趣味にしようと考えている人」が知っておきたい情報をまとめたよ!

この記事で、これから趣味でボクシングを始めようと考えている人に必要な情報は全て網羅しているから、ぜひ最後まで読んでいってね!

記事に入る前に僕のボクシング歴を説明すると、

  • 週5のジムワークを2年継続
  • 対外試合に出場した経験あり
  • お世話になったジムは計4か所

こんなかんじ!

まぁ、それなりにボクシングジムの様子は理解しているつもりなので、ぜひ最後までお付き合いくださいな。

ボクシングはどうやって始めたらいいの?

調べものをしている人の画像

ボクシングを趣味にするといっても、どうやって始めたらいいか悩むよね!

この点は特に難しく考える必要はないよ!

  1. 近所にあるボクシングジムを探す
  2. 電話で1日体験の申し込みをする
  3. 実際に1日体験をする
  4. ジムへの入会申し込みをする

これだけ!

「知らない場所に電話をする&ボクシングジムは怖いイメージがある」で、電話をするのは少し勇気がいるかもしれないけど大丈夫!

あとで解説するけど、少し意外かもしれないけどボクシングジムって、

  • 練習生はいわゆる「普通な人」が多い
  • トレーナーの人は練習生に対して優しく接してくれる

こんなかんじだから安心して!

この辺に関してはボクシングの1日体験の流れを解説した次の記事でも詳しく解説してるから読んでみてね!

ちなみにボクシングを趣味にするなら、職場の近くか家の近所にあるボクシングジムを選ぶことをオススメするよ!

いくら趣味とは言え、あまりに遠い場所にあるジムだとめんどくさくなってサボりがちだからね。

ソウ

自転車で15分くらいで行ける距離にあるボクシングジムなら最高!

もちろんジムの雰囲気も大事だけど、「ボクシングジムへの行きやすさ」って面も考慮しようね!

ボクシングジムではどんな練習メニューをするの?

ボクシングジムの様子の画像

ボクシングは大体どこのジムも練習メニューは一緒だよ!

ボクシングの練習メニュー
  1. ウォーミングアップ(4~5ラウンド)
  2. シャドーボクシング(2~3ラウンド)
  3. サンドバック打ち(2~3ラウンド)
  4. ミット打ち(2~3ラウンド)
  5. スパーリング・マスボクシング(2~3ラウンド)
  6. サンドバック打ち(2~3ラウンド)
  7. クールダウン

こんなかんじ!

ちなみにだけど、初心者の段階では「⑤スパーリング・マスボクシング」は行うことはできないよ!

ソウ

ジムの方針にもよるけど、対人練習ができるまでには3ヶ月くらいはかかると思っておいた方がいいよ!

この辺に関しては、ボクシングの練習がどんなかんじで進んでいくのか紹介した次の記事で詳しく解説してるよ!

ボクシングを趣味にするなら、ボクシングジムではどんなメニューが行われるか知りたいところだよね!

ぜひ読んでみてね!

ボクシングジムの雰囲気が知りたい

ミット打ちをしている人の画像

ボクシングジムにいる人って怖いイメージがあるよね。

僕自身、自分が実際にボクシングを始めるまでは怖いイメージしかなかった。

ソウ

プロボクサーはもちろん、練習生もピリついてると思ってた

でも、実際にボクシングジムに通えば分かるけど、怖い人やピリついてる人は全然いないよ!

ボクシングジムにいる人の年齢層や属性としては、

ジムにいる人の年齢層
  • 10代:20%
  • 20代:60%
  • 30代:10%
  • 40代:5%
  • 50代:5%
ジムにいる人の属性
  • ガテン系の仕事をしてる社会人:40%
  • 大人しめな雰囲気の大学生:40%
  • スーツを着る系の仕事の社会人:20%

こんなかんじ!

ボクシングジムにはヤンキーやチャラついた奴はほとんどジムにはいないんだ!

どうしてボクシングジムにはヤンチャな人がいないのか、その理由を僕なりに考察した記事を張っておくから良かったら読んでね!

練習に必要なものってある?

ボクシンググローブの画像

ボクシングジムに通うために必要なものは全部で4つ!

  1. ボクシングシューズ
  2. バンテージ
  3. 運動着
  4. ボクシンググローブ

こんなかんじ!

とはいっても、最初の数週間は、バンテージとボクシンググローブはジムが貸してくれると思うよ!

費用はどれくらいかかる?

お金の画像

ボクシングジムに通うために必要なお金だけど、

  • 入会金:10,000円
  • 月謝:10,000円

こんなかんじ!

まぁ、普通の習いごとをするなら妥当な値段じゃないかな!

もう若くないんだけど問題ないかな?

おじさんの画像

これは本当に大丈夫!

さっきも説明したけど、40代、50代の人でもボクシングジムで一緒に汗を流してる人はたくさんいるよ!

(再掲)ジムにいる人の年齢層
  • 10代:20%
  • 20代:60%
  • 30代:10%
  • 40代:5%
  • 50代:5%

もし年齢が気になるなら、「40代、50代からボクシングを始める際に気になること」をまとめた記事があるから、よかったら読んでみてね!

40代、50代からボクシングを始めても試合に出ることだってできるよ!

ボクシングを趣味にするメリット・デメリットって何?

メリット・デメリットを比較した画像

実際に2年ほどボクシングジムに通って感じているメリットとデメリットとしてはこんなかんじかな!

メリット
  • 短時間でも十分にストレス解消ができる
  • 夜がグッスリ眠れる
  • ご飯が美味しく食べられる
  • 体力がつく
  • 痩せる
  • 全身の筋肉がほどよく鍛えられる
デメリット
  • 変にオラつく
  • 筋肉痛からは避けられない
  • 練習自体はだんだん単調になる

個人的にはデメリットの「変にオラつく」には注意してほしい。笑

ボクシングを始めると、どうしても自分が強くなったと錯覚をしてしまうけど、そんな急に強くならないからね。

ソウ

変にオラついた結果、怖い人にボコボコにされないように要注意

ボクシングを趣味にしたい人はウェアや道具にこだわろう

バンテージを巻く人の画像

趣味でボクシングを始めようと考えるならウェアや道具にはこだわろう!

ボクシングに最適なウェア」に関する記事でも紹介したとおり、実際の練習で支障が出ないようにっていう意味もある。

でもそれ以上に、自分がカッコいいと思うものを身に着けてスポーツをするのってテンションが上がるからね!

やっぱり趣味にするのなら、とことん楽しめるように工夫をしたいよね!

ボクシングを趣味にするならモチベーションは必ず設定しよう

リングに向かう選手の画像

ボクシングってどうしても練習が単調になりがちなんだ。だから、

いくら趣味とは言え、ボクシングを始めるなら目標を設定することを強くオススメするよ!

具体的な目標としては、

  • プロボクサーのライセンスを取得する
  • スパーリング大会に出場する
  • 痩せる

このあたりが一般的じゃないかな!

「自分にはプロボクサーなんて…」なんて思わずに積極的に高い目標に挑戦してみようね!

まとめ:さっそくボクシングを趣味にしてみよう

「まとめ」と書かれた画像

今回はボクシングを趣味にしたいと考えている人に伝えたいことをまとめたよ!

今回伝えた内容を知っておけば、最初の情報としては十分!

あとは実際に動いて、1日体験に申し込んでみよう!

ボクシングがあなたにとって生涯の趣味になったら嬉しいな!

そうそう、僕のブログでは今回紹介した内容以外にも、

  • ボクシングをやったらモテるって本当?
  • ボクシング選手ってパンチを受けても痛くないの?
  • ボクシングって独学でも学べるの?

こんな「ボクシングに関する様々な情報」を紹介してるから、よかったら見て行ってね!

それでは!