ボクシング

【ボクシング】ダッキングのコツについて解説するよ!【ヘッドスリップとの違いも解説】

初心者ボクサー
初心者ボクサー
ダッキングを上達させるコツってあるのかな…?そもそもヘッドスリップとの違いって何だろう?

今回は初心者ボクサーのこんな悩みを解決するために、

  1. ダッキングとその他のディフェンス方法との違い
  2. ダッキングを上達する3つのコツ

こんなことについて解説をしていくよ!

解説前に僕のボクシング歴を伝えると、

  • 週5のジムワークを2年継続
  • 対外試合に出場した経験あり
  • お世話になったジムは計4か所

こんなかんじ!

それなりに、ボクシングの練習は重ねてるので、きっと初心者ボクサーには参考になる情報のはず!

ダッキングとは

ダッキングの練習風景

ダッキングは、上体を屈めるようにして相手のパンチをかわすディフェンス方法だよ!

その素早くかがむ姿が、まるでアヒル(duck)が水中に潜る様子に見えることからダッキング(ducking)とという名称がついたんだって!

ソウ

言われてみれば、確かにそんな風にも見えなくも…ない…か…?

ヘッドスリップ(スリッピング)やウィービングとの違い

ウィービングのイメージ画像

ボクシングのディフェンス方法を大きく分けると、

  1. 上半身を前後左右に動かしてパンチを避ける方法
  2. 肘や腕などを使ってパンチを受け止める方法

この2種類に分類することができる!

当然、ダッキングは①なんだけど、他のパンチをかわす技術である、

  • ヘッドスリップ(スリッピング)
  • ウィービング
  • スウェー

これらと混合されがち!

なので、先にこれらとの違いを簡単に解説しておくよ!

ダッキングとスウェーの違い

一番分かりやすいのが、スウェーとの違い!

  • ダッキング:上半身を前に倒す
  • スウェー:上半身を後ろに倒す

こんなかんじ!

僕が一番衝撃だったのは、マンガ「はじめの一歩」でブライアン・ホークがスウェーを使ったこのシーン

スウェーの参考画像
スウェーから反撃する画像

ソウ

普通はここまで反らないし、そもそもこんな状態ではパンチは打てない。笑

ヘッドスリップ(スリッピング)・ウィービングとの違い

一方で、ヘッドスリップやウィービングは、いずれも前に上半身倒すので、その点はダッキングと一緒!

違いとしては、

  • ダッキング:左右の一方に倒れてタメを作る(股関節を軸に倒れる)
  • ヘッドスリップ:タメは作らず左右の一方に倒れる(へその下部を軸に倒れる)
  • ウィービング:U字を描くように身体を動かす

こんなかんじ!

こんなふうにダッキングはディフェンスをしつつタメを作るので、

  • ボディへのストレート
  • ボディブロー

これらの攻撃につなげることもできる攻防一体のディフェンス技術なんだ!

ダッキングのイメージ画像

ちなみにマイクタイソンのディフェンス技術は桁違い。動画を貼っておくので是非見てほしい。

ソウ

ヘビーパンチャーに目の前でこんな動きをされたらかなり焦るだろうね

ダッキングのコツ

「ポイント」と書かれた画像

ダッキングのコツは3つあって、

  • コツ①:小さく避ける
  • コツ②:倒れる側の腕を下げる意識を持つ
  • コツ③:前に倒れすぎない

こんなかんじね!

コツ①:小さく避ける

パンチを受けるのが怖いからといって、大きく上半身をズラすのはやめよう!

  • 重心が大きくズレて次の動きに繋げにくい
  • 無駄に体力を消耗する

こんなデメリットがあるんだ。

初心者ボクサー
初心者ボクサー
でも、パンチを受けそうで怖くて…

僕自身も同じ悩みを抱えていたから、気持ちはすごいよく分かる!

ただ、そんな人に知っておいてほしいのが、

ボクシングでは頭一つ分ズラスだけで攻撃が当たらない!(当たってもカスる程度)

ってことね。

ソウ

カスる程度なら微塵も痛くないよ

むしろ大きく動いて2発目のパンチをモロに受ける方がよっぽど痛い!

また、恐怖心からどうしても大きく動いてしまうなら、練習相手にゆっくりパンチを打ってもらうのもオススメ。

頭一つ分ズレたらパンチはけっこう避けられるって事実を感覚的に理解できれば、恐怖心も減るはず!

コツ③:倒れる側の腕を下げる意識を持つ

ダッキングをする際に、倒れる側の腕を下げることで、

  • ダッキングのスピードが上がる
  • 一瞬重心が上がるのを防げる(次の動きに繋げやすい)

こんなメリットがあるんだ!

とは言っても、腕を本当に下げるとパンチが直撃する恐れがあるので、あくまで「意識を持つ」レベルに留めておこうね。

ソウ

「腕を下げる意識」を持つだけでも、ダッキングのキレは大分変わってくるよ!

コツ③:前に倒れすぎない

ダッキングをする際は、腰から上を前にかがめすぎないように注意が必要!

というのも、アマチュアで上体をかがめすぎると、頭突きとみなされて反則扱いを受ける可能性があるんだ!

ソウ

少しイレギュラーな戦法だけど、プロでは一応認められてはいるよ

なので、上体は少し前かがみになる程度の動きに留めて、基本は股関節の捻りで避けるイメージで!

ダッキングについて解説をしたよ!

「まとめ」と書かれた画像

今回は「ダッキングと他のディフェンス技術との違い」や「ダッキングのコツ」について解説をしたよ!

ダッキングは攻防一体のディフェンス方法で、うまく使えば、反撃に転じるチャンスを生み出すこともできる!

積極的に試合で取り入れて、どんどん有利に攻めていこうね!

そうそう、僕のブログでは、

  • ボクシングをやったらモテるって本当?
  • ボクシング選手ってパンチを受けても痛くないの?
  • ボクシングって独学でも学べるの?

こういった「ボクシングに関する様々な情報」を発信してるから、ぜひ他の記事も読んでいってね!

それでは!