ライフハック

「仕事ができない…」とつらい思いをしてる公務員へ、今からやるべきことを解説するよ!

何をやっても上手くいかない…、俺って公務員に向いてないんじゃ…

この記事では、「仕事ができずにつらい思いをしてる公務員がすべきこと」について解説するよ。

僕は元々、仕事が全くできない公務員だった!

だから、あなたのツラい気持ちはすごく分かる。

実際、僕が公務員だったときは、

  • 上司に「同期の●●は仕事がデキるのに!」と怒られたり
  • 会議資料の説明が下手すぎて委員長から「もういいよ」と言われたり
  • ミスを直したら別のミスをして、そのミスを直したら更に別のミスをしたり

こんな仕事ができないヤツだった。

ソウ

あのときの気持ちを思い返すと、今でも胸が痛くなる…

そんな僕でも、地道に、一つ一つ改善を繰り返し続けたら、

  • 上司から「成長したな」と褒められたり
  • 会議終了後に出席者から「説明が分かりやすい」と褒められたり
  • 知事表彰をされたり

これくらいには成長できた。

この記事では、仕事がマジで出来なかった当時の自分と同じ悩みを持つあなたに向けて解説するよ。

もし、あなたが、

  • 「公務員の仕事すら出来ないなんて…」
  • 「自分は本当にダメなヤツだな…」
  • 「もしかしたら脳に障害でもあるのでは…?」

こんなふうに、当時の僕と同じ悩みを抱えてるなら、ぜひ最後までこの記事を読んでほしい。

ソウ

絶対に、今の状況を打破する手助けになるはずだよ!

まずメンタルを安定させる

この記事に辿り着いたあなたに、まず確認して欲しい。

「今、あなたのメンタルは安定してますか?」

人間、ミスが続くとメンタルが落ち込んで、身にまとうオーラすらもドンヨリするもの。

そんな状態では、

  • 焦ってミスを続ける原因になる
  • ミスに対する精神的ダメージがデカい
  • 「反省」ではなく「自己否定」をしてしまう

こんなかんじでロクなことがない。

なので、まずは健康なメンタルを取り戻すために充分な休息をとるように意識しよう。

ちなみに、休む際はただボーっとするんじゃなくて、

  • 筋トレ
  • ランニング

こういった「頭はほとんど使わない&身体をしっかり動かすよう事」をするのがオススメ。

その中でも、筋トレは本当にオススメ!

実際に筋トレを2~3ヶ月も続ければ実感するけど、

  • メンタルが安定する
  • 自分に自信が手に入る
  • 活動的になれる
  • 自分のことを好きになれる

など、弱ったメンタルにはマジで効果抜群!

ソウ

僕自身、筋トレのおかげで、メンタルが一気に健康になったよ!

筋トレとメンタルの関係は、別記事で詳しく解説してるので、メンタルが安定しない人はぜひ読んでみてね!

「公務員の仕事すらできない」と悩む人へ

メンタルの関係でもう一つ確認したい。

「公務員の仕事すらまともに出来ないなんて、俺はどこ行っても役立たずに違いない…」

こんなふうに考えてないよね?

公務員の実態をよく知らないヤツが、

  • 「公務員の仕事はお役所仕事」
  • 「サービスの質はクソ」

こんなネガティブな話ばかりするから、自分の仕事に自信が持てないのはよく分かる。

ただ、断言するけど、公務員の仕事ってけっこうレベル高い。

ソウ

実際に公務員から民間に転職した僕が断言するよ

ひと昔前の公務員の世界は、確かに「公務員の仕事”すら”まともにできない」と言われる世界だった。

その時代の痕跡は今も残っていて、

  • まともに仕事ができない上司
  • グチばかりで一切仕事をしない50代

こんな「ヤバい公務員」がどこの職場にも、一定数いたりする。

でも今の公務員の仕事のレベルは全く違うよね。

一歩下がって公務員の仕事を見てみると、

  • 窓口対応一つとっても、実は制度がすごい複雑
  • 膨大な量をこなさないといけないのに、ミスが許されない
  • 異動直後に専門家の会議に参加することも

こんなかんじだったりする。

今の公務員は、質・量ともにレベルが高い。

だから「公務員の仕事すら」なんて考える人は、認識を改めるべきかと。

ソウ

少なくとも、この記事を見てる努力家のあなたは、間違いなく「ヤバい奴」とは違う

「仕事ができない」の改善策

ある程度、メンタルが安定したら、仕事ができない原因を分析しよう。

「仕事ができない」と言っても、

  • 最低限のレベルの仕事がこなせない
  • 超優秀な周囲と比較して仕事ができない

いずれの状況かで考え方は変わってくる。

ここでは、当時の僕と同様、「最低限レベルの仕事がこなせない」と悩む人に向けて説明するよ。

僕が「仕事がデキない公務員」だったときの課題である、

  • 凡ミスが多い
  • 仕事を処理速度が遅い
  • クレーム対応が苦手
  • 他部署や関係団体との調整が苦手

これらについて対策を解説していくよ。

問題1:凡ミスが多い

  • 計算ミスや誤字・脱字が多い
  • スケジュールに予定を書き込むのを忘れる
  • お金の振り込みを忘れる

こういった凡ミスはメンタルへのダメージが地味にデカい。

ソウ

ミスが続いたときの自己否定感はヤバい…

凡ミスをするときにまず確認したいのが、「しっかり休む時間を確保できてるか?」ということ。

激務な部署だと感覚がマヒしがちだけど、15過ぎたあたりから集中力はどんどん低下する。

実際、とある本では、

「21時以降の残業は酒酔い運転と同程度の集中力した保てない」

こんなことも書かれていたりする。

なので、凡ミスが続くようであれば、まずはしっかりと休もう

しっかりと休んだ上で、考えたいのが「チェック体制に問題はないか」ということ。

人間は完璧じゃないので、人力だけで仕事すれば、必ずミスは起きるもの。

それを避けるためにも、

  • 計算ミスが多い → エクセルで複数の関数を活用する
  • 決裁後の処理で抜け漏れがある → 「やることリスト」を作って確認しながら作業をする
  • 会議の時間を忘れる → スマホのアラームを活用する

こんなかんじで、「絶対ミスしない仕組み」を作ってみよう。

ソウ

「仕組み」を作る過程で仕事を色んな視点で見つめるので、グッと精度が増すよ!

それから「自分の頭のキャパ」にも気を配りたいところ。

  • 慌ててるとき
  • 忙しいとき
  • プライベートで何かあったとき

こんな状況では、自分ひとりで処理できる量を超えて、ミスを犯しがち。

それ以外にも、

  • 机の上が汚い
  • パソコンのデスクトップがいっぱい
  • マルチタスクで仕事をしてる

こんな状態でも、キャパオーバーになりがちなので、注意が必要。

いずれにせよ、凡ミスで悩んでいるなら、

  1. しっかり休めてるか確認をする
  2. 100%ミスが起きない仕組みを考える
  3. 頭のキャパにも気を配る

こんな点に注目して改善を図るのがオススメだよ!

問題2:仕事の処理速度が遅い

一緒に異動してきたヤツよりも仕事のスピードが遅くて…

こんな悩みの原因は、

  1. そもそも仕事をしっかり理解してない
  2. パソコンの操作が単純に遅い

このいずれかの可能性が高い。

もし①が問題なら、しっかり仕事を理解しよう。

  • 誰かに仕事を説明する
  • 引き継ぎ書を作る
  • 「どうして●●の作業は必要なのか?」という視点で仕事を見つめ直す

こういった方法は仕事を理解する上でかなり有効だよ。

一方で、

  • エクセルの操作に自信がない
  • 「ブラウザ」や「サーバー」って言葉が苦手
  • ショートカットキーを使ったことが無い

こういう人はパソコンのスキルを改善すると、仕事が早くなる可能性がある。

「エクセルやショートカットの具体的な勉強法」は別記事で解説してるので、気になる人はぜひ読んでみてね。

ソウ

ショートカットを覚えるだけで、マジで1~2時間は残業が減るよ

問題3:クレーム対応が苦手

窓口に来るやいなや、キレ気味な市民が、

おい!●●は××じゃないのか!?

と尋問するような言い方で問いただしてくる。

こういうクレームは急に来るから、けっこうビビるよね。

こういうクレーム対応が苦手で、仕事に苦手意識を持つ人もいるかと。

でも、こういう「威圧してくる系のクレーム」って対応が実は簡単で、

  • 相手の言ってきたことを繰り返す
  • いきなり回答を伝えない
  • 部分的に謝罪をする

これらのポイントを押さえて対応すると、相手をなだめつつ、うまく事を収めることができる。

クレーム対応の具体的な方法は別記事で紹介してるので、詳しく知りたい人はぜひ読んで欲しい。

ソウ

クレームにうまく対応できる人は、それだけで、マジで尊敬される

問題4:他部署や関係団体との調整が苦手

窓口対応は苦手だけど、関係団体と調整するのはもっと苦手…

こういう人は公務員にけっこういるかと思う。

調整事が苦手な人に共通してるのが、

  • 単純な準備不足
  • 「説明力」が圧倒的に足りない

この2つ。

まず準備不足の件について。

調整が苦手な人は、調整相手と接触する前に、

  • 自分の仕事をしっかり理解する
  • 最終的なゴールは何か
  • 相手はどんなふうに考えてくるか
  • それに対してどこまで譲れるか

こういう一つ一つの準備が単純に足りないケースが多い。

「事前にどれくらい準備すればいいのか?」

これに関する正解はない。

とはいえ、調整事は苦手だと感じてるのであれば、

「準備できることは全てやりきった!これでダメならもう知らん!」

ってレベルまで徹底的に準備することをオススメするよ。

ソウ

しっかり準備すれば8割くらいの問題は解決するよ!

一方、説明力が圧倒的に足りないケースの場合。

これに関しては別記事で「説明力と情報収集力を鍛える方法」を解説してるので、そっちを参考にしてほしい。

ただ、一言ポイントを言うとすれば、

「全く何も知らない人」に説明するつもりで説明する

こういう心構えを持つと、説明力が足りずに調整がうまくいかないことは減るはずだよ!

「仕事ができない」を理由に転職することについて

はてなマークの画像

公務員の仕事が向いてないだけで、他の仕事なら活躍できるはずだ!

こんなふうに考えたことは一度くらいあるかと思う。

ソウ

僕自身、失敗続きだった頃はいつも考えてた

僕の場合、転職活動をする前から転職サイトに登録だけはしてた。

実際に登録してた経験から言うと、これは割とオススメできる。

転職サイトに登録すると、内定をもらえそうな会社があるか見るじゃない?

そこで自分の条件にマッチする企業を見ると、

「本気でイヤなら、公務員はいつでも辞められるんだ!」

とメンタルの安定に一役買ってくれた。

ちなみに転職サイトなら「ミイダス」ってサイトがオススメだよ。

僕がミイダスをおすすめする理由としては、

  1. 質問に答えるだけで「自分の市場価値」を測れる
  2. 企業から「面接確約オファー」を受けれる

こんなかんじ。

特に、①に関しては、20~30の質問に回答するだけで知ることができる。

公務員が市場価値を測る機会ってなかなか無いし、ミイダス試すことをオススメするよ!

ソウ

ちなみに登録は無料だよ!

>>ミイダスを試す

仕事ができずに苦しいときの対策を解説したよ!

「まとめ」と書かれた画像

今回は「仕事ができずにつらい公務員がすべきこと」を解説したよ!

この記事のまとめ
  • 「仕事ができない」って悩む人はまずは休もう
  • 「公務員の仕事すら…」って考えない
  • 具体的に考えて、具体的に行動しよう
  • 転職サイトに登録すると心の安定に繋がる

「自分は仕事がデキないヤツなのでは…?」って思いながら日々を過ごすのは本当にツラいよね。

でも、今回解説したように、自分のダメな部分を細分化して、しっかり対応すれば、必ず仕事は出来るようになる。

ソウ

ダメ公務員の典型だった僕が言うんだから間違いない!

数年後に今を振り返って、

「あのときに行動しておけばよかった…」

なんてことがないように、何か一つでもいいので、この記事を読んだら、ぜひ行動してみてほしい。

この記事が仕事がデキずに苦しんでるあなたにとって役に立てば幸いです。

それでは!