ライフハック

【たったこれだけで90点!】公務員が学ぶべきパソコンスキルと勉強方法を解説するよ!

現役公務員
現役公務員
公務員として働く上で役立つパソコンスキルを学びたいけど、何を学べばいいのかな…?

こんな人に向けて、この記事では、

  • 公務員の業務に役立つ具体的なパソコンスキル
  • パソコン関係の資格の必要性
  • なるべくお金をかけずにスキルを身に着ける方法

こんなことを解説していくよ!

公務員の仕事は、

  • 文書の作成
  • 関係者とのやりとり
  • 情報の管理

こんなかんじで、パソコンと切っても切れない関係にある。

だからこそ、パソコンのスキルは公務員として働く間、長年にわたって役立つスキルになるはず!

ソウ

あなたが20代なら40年近く役立つスキルだよ!

今回の記事で紹介するスキルは、重要なものばかりなので、自分に足りないスキルはないか、確認しながら読んでみてね。

公務員が身につけるべきパソコンスキル

公務員が学ぶべきパソコンスキルを具体的にあげると、

  • パソコン全般&①のショートカットキー
  • エクセルなどのoffice系アプリの操作法
  • そもそものパソコンに関する基礎知識

この3つ。

ソウ

それぞれ具体的に解説するよ!

PCスキル①:ショートカット

先ほど紹介した3つの項目の中でも、一番最初に学ぶべきは「ショートカットキー」

なぜなら、

もっとも簡単&最速で結果が出るから

具体例を出して考えてみるよ。

例えば、パソコンの操作で頻繁に使う「コピー&ペースト」。

これをマウスで行った場合と、ショートカットキーで行った場合の作業時間を比較すると、

  • マウス:3~6秒
  • ショートカット:0秒

こんなふうに数秒の差が生まれる。

ソウ

ショートカットを使えば、文字通り「一瞬」だからね

この差をたかが数秒とあなどるなかれ。

  • コピー&ペースト
  • データ保存
  • 画面の切り替え

こういった、1日に何度も行う作業は、だいたいショートカットが設定されてる。

仮にこれらのショートカットを10個覚えて、それぞれを1日6回行うと仮定すれば、

3~6秒×10個×6回×20日(1ヶ月)=60~120分


なんと1ヶ月で1~2時間も業務時間を減らすことが出来るんだ!

「10個のショートカットキーを覚える」

たったそれだけのことで、

  • 業務自体のスピードは変えず
  • 毎月1~2時間の残業を減らせる

これってすごいことだと思わない?

実際はここまで計算どおりいかないかもしれないけど、確実に時短に繋がるし、覚えた分だけ仕事が早くなるのは事実

パソコンを日頃から使う公務員であれば、ショートカットキーは必須のスキルと言えるよ。

ソウ

ショートカットを50個も覚えたらマジで1時間は残業が減るよ

ショートカットキーの勉強方法

ショートカットキーは、

  1. 何もアプリを開いてない状態で使うショートカット
  2. ワード、エクセル、アウトルックなど、頻繁に使うアプリのショートカット

この2つで、それぞれ学んでいこう!

具体的な勉強方法としては、

ショートカットの覚え方
  1. ネットでググる
  2. 職場で実践する
  3. 知識が溜まったら、分厚い本を一冊読む
  4. 職場で実践する

こんなかんじ!

まず①について。

この記事では具体的にどんなショートカットを覚えるべきかは解説しないけど、

「エクセル ショートカット 初心者」

こんなかんじでググったら、最低限覚えたいショートカットが検索結果に出るはず。

ソウ

自分がよく使うショートカットを片っ端から覚えていこう

次に③について。

ある程度、ネット上に転がってるショートカットを覚えた後は本を読んで包括的に学習することになる。

その際に選ぶ本は、次のような、しっかりと量が詰まってる本を選ぶことがオススメ。

ソウ

分厚い本だけど、気になるページだけ読めばいいので、1時間もあれば十分かと

こんなかんじで1ヶ月も取り組めば、ショートカットの大半はマスターできるはずだよ!

PCスキル②:エクセルなどのoffice系アプリ

  • ワード
  • エクセル
  • パワポ
  • アウトルック

どんな部署であれ、公務員はOffice系のアプリよく使う。

その中でも特に注目したいのが、エクセル。

公務員はエクセルを本当によく使う。

ソウ

使わない部署はないんじゃないかってレベルでよく使う

まぁ、公務員の業務内容を考えても、

  • 金額計算
  • データ集計・解析

こういった業務は多いので、エクセルの使用頻度の高さも当然かと。

ただ、その使用頻度の割に、エクセルが苦手な公務員多いのも事実。

例えば、エクセルで便利な機能である、

  • ピポットテーブル
  • グラフ
  • 様々な関数
  • 入力内容のエラーチェック
  • プルダウン

これらの使い方を知らない人は多い。

ソウ

特にピポットテーブルはデータ解析で本当に便利!

こういったアプリの便利機能は、完璧に暗記する必要はない。

とはいえ、「詳細はググれば分かる」程度でも理解しておくと、作業効率はグッとアップするよ!

エクセルなどのoffice系アプリの勉強方法

具体的な勉強方法としては、

Office系アプリの勉強法
  1. 分厚い本を一冊読む
  2. 職場で実践する
  3. ある程度の知識が付いた後は、仕事で必要に応じてググる

こんなかんじ!

ショートカットを学ぶときと違って、どんな機能があるか把握するためにも、最初に概要書を読むのがポイント!

ちなみにエクセルならば、オススメの本はこれ。

これ一冊で、公務員に必要なエクセルの知識は、8割くらい取得できるかと。

ちなみに、本を読む段階で具体的な操作方法を理解する必要はない。

「仕事で活かせる機能はないかな?」と考えつつ、どんどん読み進めよう。

そして、本でアプリの機能を理解した後は、ひたすら「実践&ググる」の繰り返し!

ソウ

一つのアプリで2週間も学べば、成長を実感できるかと思うよ

PCスキル③:パソコンの基礎知識

  • サーバー
  • POP3
  • ドメイン
  • プロトコル

こういうパソコン用語が苦手な人は多い。

ソウ

かく言う僕もその一人だったので、気持ちはよく分かる…

とは言っても、

  • IT技術はどんどん発展していく
  • 公務員の仕事はパソコンで行うのがメイン

こんな状態なので、ITへの抵抗感を消す意味でもパソコンの基礎知識は、一度しっかり勉強したいところ。

学習目標としては、

知らない単語に遭遇した際に、「ググるか」と負担感も無く考えられるレベルになること

こんなかんじかな。

あくまで公務員の仕事的にはサブな内容だし、苦手意識が強い人も多いので、負担感なく勉強する方法を解説するよ。

パソコンの基礎知識の学び方

具体的な勉強方法は、

パソコンの基礎知識の学び方
  1. 基本的なパソコン用語を理解する
  2. パソコンが動く仕組みをザックリ理解する

こんなかんじ!

まず、パソコン用語の学習について。

これは、「「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典」というサイトがオススメ!

このサイト、見てもらえば分かるんだけど、

控え目に言って、すっっっっっ…ごく分かりやすい!!!

百聞は一見に如かずなんて言うし、とりあえず騙されたと思って、覗いてみてほしい。

ソウ

マジのIT初心者でも分かる言葉で説明してくれてるよ

次に「基本情報技術者試験」について。

これはエンジニアなどの技術者が、パソコンやスマホなどの情報機器の基本知識を試すための試験だよ。

勉強する内容としては、

  • パソコンの仕組み
  • Webページが表示される仕組み
  • セキュリティについて

こんなかんじの内容になっていて、詳しいパソコン関係の知識が手に入る。

基本情報技術者試験の勉強でオススメしたいのが次の本!

この本は、マンガで構成されてるので、すごく読みやすい。

ソウ

マンガなので、通勤中も無理なく読めるよ

この一冊を読むだけで、パソコンがどんなふうに働いてるのか、ザックリ理解できる。

パソコンの知識を得ることが目的であれば、受験は不要なので、この1冊でサクッと概要を理解してしまおう。

  1. 基本的なパソコン用語を理解する
  2. パソコンの仕組みを理解する

こんなステップを踏めば、1ヶ月もあれば、公務員に必要はパソコン知識は十分に習得できるはずだよ。

公務員にパソコンの資格(MOS)は必要か

資格(mos)の取得ってどうなんだろう…?

パソコンのスキルについてmosの受験を検討する人も多いかと思う。

一応解説すると、mosっていうのは「Microsoft Office Special」の略。

ソウ

要するに、ワードやエクセルに関する検定みたいなもの

これについて僕の結論は、

「受検してもいいけど、無理に受検する必要はない」

こんなかんじ!

理由としては単純に、「お金がかかるから!」

2020年現在、MOSを受験するには1万円ほどかかる。

ソウ

しかもワードやエクセルなど、一つのアプリで1万円

じゃあ、パソコンのスキルを学ぶ上で、mosは必要かと言えばそんなこともない。

僕自身、mosのために勉強した経験はないけど、実務ではエクセルやワードを十分に使いこなせてる。

「転職する際にmosを持ってたら少し有利になるかな」なんて考えるかもしれないけど、

「ピポットテーブルや、SUMIF関数を活用して…」

こんなふうに、しっかりと自分の知識をアピールすれば、面接官にエクセルのスキルは十分伝わるんじゃないかな。

なので、個人的には、公務員がスキルアップのためにmosを無理して受検する必要はないと思う。

とは言っても、

目標が可視化された方が勉強がはかどる
こんな人は受検してもいいと思うので、いずれにせよ、「個人差がある」ってかんじかな!

公務員が学ぶべきパソコンスキルと勉強方法を解説したよ!

「まとめ」と書かれた画像

今回は「公務員が学ぶべきパソコンスキルと勉強方法」を解説したよ。

冒頭でも話したとおり、公務員にとって、パソコンは切っても切り離せない関係にある。

だからこそ、パソコン関連の知識をしっかり身に着けることで、

  • 定時で帰れるようになる
  • 仕事の大事なポイントに注力できる

こんなふうになることができるので、しっかり学んでいこうね。

もし、何から勉強していいか分からないって人はとにかくショートカットキーを覚えるところから始めてみよう。

ソウ

1ヶ月もあれば成果で出て、仕事が少し楽しくなるはずだよ!

この記事が公務員として働くあなたにとって有益になれば幸いです。

それでは!