ライフハック

【人生は一生勉強】30代からの挑戦は全く遅くない

30代になって新しいことに興味が湧いてきたけど、今から新しいことに挑戦するのは遅いのだろうか…

こんなふうに考えて、挑戦を諦める人は多いかと思います。

今回は「30代という年齢は、挑戦する上で決して遅くない」ということについて説明していきます。

ちなみに、僕が30代から挑戦したことと実績は次のとおりです。

  • IT業界未経験&IT苦手 → 独学でWeb系企業に内定
  • ブログほぼ初心者 → 収益化に成功

こんなかんじで、それなりに成功してるので、多少は信用できる内容かと思います。

年齢を理由に諦めようとしているあなたにとって、きっと役立つ内容になっているので、ぜひ最後までお付き合いください。

この記事の想定読者

挑戦したいこと・勉強したいことがあるけど、自分の年齢がハードルにならないか不安に感じている30代の男性

この記事から学べること

新しいことを始める自信

30代から新しいことに挑戦するのは全く遅くない

30代を理由に勉強・挑戦をやめようか考えている人に伝えたいのは、

『30代からの挑戦はどんな分野でも遅くない』

ということです。

もちろん、制度的に年齢制限があるものに関しては実質的に不可能なので例外です。

しかし、そうでなければ勉強や挑戦を始めるのに年齢は関係ありません。

  • 40歳でプロのサッカー選手になった人
  • 82歳でITエンジニアとしてデビューをした人
  • 64歳で医師になった人

あなたより高齢で挑戦をして成功した前例はいくらでもあるので、30代ならば全く問題ありません。

挑戦する人は「成功するか不安」

そもそもどうして、多くの人は年齢を理由に挑戦を諦めるのでしょうか。

僕自身が挑戦するか悩んだときの話をすると、「成功するか不安」という気持ちが根幹にありました。

  • 「挑戦の難易度が20代より上がった」
  • 「失敗したら恥ずかしい」
  • 「家族がいるので失敗は避けたい」

こういったネガティブな考えが頭をよぎったときにどう考えるべきなのか、少し掘り下げていきます。

①ハードルは想像以上に低い

『世の中で「難しい」と言われることのハードルは想像以上に低い』

実際に色々なことに挑戦をした経験をもとに僕が感じていることです。

ではどうして、実際よりも挑戦のハードルが高く見えてしまうのか。

その理由は次の2つだと考えています。

  1. 人は本質的にネガティブなので、未知のものを大きく見てしまう
  2. 中途半端な挑戦で挫折した人が、自分を正当化するためにハードルを上げた

こんな理由から、挑戦の難易度は、現実とイメージで大きな格差が生じています。

つまり、一見高く見える山も、実際に登り始めると、意外と低かったり、登りやすかったりします。

ですので、挑戦を不安に思う気持ちは分かりますが、まずは行けるところまで進んでみてください。

本気で進んでみると、最初に想像していたより、ずっと先に進めるはずです。

②年齢は必ずしもマイナス要素ではない

僕が未経験からITエンジニアに転職する際に感じたことが、

『年齢は必ずしもマイナス要素ではない』

ということでした。

一生懸命生きてきたのであれば、その過程で得たものが、今挑戦しようとしている分野でも必ず生きてきます。

例えば、プロのスポーツ選手でもそうです。

40歳で初めてプロのサッカー選手になった安彦考真さんという方がいますが、彼も自分自身の一番の武器を

「人生経験に基づく”人間力”」

だと答えています。

また、僕がエンジニアに転職した際も、

  • 現職が様々な会社との調整系の仕事 → 非エンジニアへの技術的な説明力・関係者との調整力
  • 筋トレを3年以上続けてる → 自己管理能力・継続力
  • 独学でプログラミング学習をした → プログラミングへの学習意欲の高さ・「自走力」

こういった、単純なスキルとは別の分野でPRしていきました。

20代と比較して「可能性」や「体力」では勝てないかもしれませんが、それなら違う分野で戦えばいいだけのことです。

③家族がいても小さく始めれば問題ない

小さな子どもがいるから挑戦なんてできないよ。

こんなふうに挑戦を諦めようとしているのであれば、「小さく始める」ということを意識してみてください。

エンジニア転職を例にした場合
  • 自宅のパソコンで、参考書を片手に、簡単なプログラムを作成する
  • 現役エンジニアとの繋がりを作る
  • 転職活動を行う前に、転職に関する情報収集だけを行う

こんなかんじで、失敗しても支障のないサイズで少しずつ挑戦すれば問題ないかと思います。

仮に途中で挑戦を止めることになったとしても、「経験」という貴重な財産を手に入れられます。

ぜひ、子どもに「挑戦するカッコいい父親」の背中を見せてあげてください。

④失敗が恥ずかしいなら他言は無用

いい歳して本気で挑戦して、失敗したら恥ずかしい…

こういう人は結構いるかと思います。

そういう人は、

「(家族含め)成果が出るまで他人に話す必要はない」

と考えてみてください。

たとえば、仮に「気になったスクールがあったので入会して、その一ヶ月後に退会した」としても、誰にも話さなければ、そこまでです。

スクール生も1か月後にはあなたのことを忘れているはずです。

もし、失敗を恥だと考えてしまうのであれば、成功するまでは他言を控えましょう。

⑤年齢を「挑戦を諦める言い訳」に使わない

実は「年齢」や「家族」を言い訳にして、本当は挑戦したくない人は意外にも多いです。

何かに興味を持っても、挑戦するのは大変だし、継続するのはもっと大変なので、気持ちは分かります。

「何かに興味を持った人が10,000人いても、挑戦するのは100人で、継続するのは1人しかいない」

なんて言ったりもしますので。

もちろん、その人の人生なので、「挑戦をしない」という選択をするのも本人の自由です。

ですが、

「挑戦できなかった自分を正当化するために、これから挑戦する人にネガティブな言葉ばかりかける人」

そんなネガティブおじさんにならないよう注意してください。

  • 挑戦のハードルは想像以上に低い
  • 年齢は必ずしもマイナス要素ではない
  • 家族がいても「小さく」始めれば問題ない
  • 失敗が恥ずかしいなら他言は無用
  • 年齢を「挑戦を諦める言い訳」に使わない

今が一番若いとき

それでも「年齢」が気になった挑戦をためらってしまうようであれば、次のような考え方をしてはどうでしょうか。

  • あなたが30歳で寿命が90歳と仮定する
  • 現在のあなた、31歳のあなた、32歳のあなたと1年ごとに仮想の「あなたをつくる」(つまり60人の仮想のあなたが出来る)
  • 生まれた60人のあなたに対して、「もう年齢だから」と言ってみる。

現在のあなた以外の60人のあなたはなんて言ったでしょうか?

「今のお前が一番若いんだから今やれ!」

もし、この言葉が返ってくるようであれば、それがあなたの本心ということになるのではないでしょうか。

そもそも、人が死ぬときに一番後悔することは何かご存じですか?

心理学者のTom Gilovich氏によると、

「理想の自己として生きることが出来なかった後悔」

だそうです。

もちろん挑戦をしたからといって、理想とする自分になれるとは限りません。

ですが、挑戦しなかったことは、いつまでも心に残り、あなたを苦しめます。

いつか死が迫ったとき、ベットの上で挑戦しなかったことを後悔しないよう、少しだけ動きだしてみてください。

人生は一生が勉強。「もう遅い」は存在しない!

この記事は、挑戦することを悩んでいるあなたの後押しになったでしょうか。

もし、この記事を読んで、挑戦しようと考えたのなら、今すぐ行動に移すことをオススメします。

やる気になったその瞬間が一番やる気がある瞬間です。

行動といっても大げさに考える必要はなく、

  • 無料体験に申し込む
  • 関係する本を買ってくる
  • 体験者に連絡を取ってみる

この程度から始めればよいかと思います。

もし忙しくて、本を読む時間や人と会う時間すら無いのであれば、まずは音声学習と早起きから始めてみてはどうでしょうか?

それらについてはこちらの記事を参考にしてください。

それでは!